湯灌(おくりびと)

湯灌(おくりびと)

日本では古くからお亡くなりになられた方のお身体を家族が集まり洗い清める「湯灌」という儀式も御座います。
湯灌の儀式は個人の生前の迷いや苦しみを洗い清めると共に、生に対する煩悩を断ち来世の高徳を故人に最も縁の深い人たちが願いながら執り行う、大切な精神性の高いしきたです。
近年では湯灌を行い故人様にメイクを施して生前の様に綺麗なお姿になって頂き、その後納棺の儀式へと移行していかれるご希望が多くなってまいりました。
湯灌・納棺の儀式を通じて死の重みと生命の大切さをかみ締め、故人様とのお別れを一層、思い出深い儀式となる様に皆様のお手をお借りいたしまして、お手伝いさせていただきます。

湯灌の流れ
末期の水
末期の水 ご家族による逆さ水、末期の水の儀式。
ご家族の方々に足もとから胸元にかけて、逆さ水によりお清めをしていただきます。
ご洗髪
ご洗髪 納棺師によるシャンプー&リンス
故人のご洗髪・顔剃り・髭剃り・ご洗顔を行います。
ご洗体
末期の水 納棺師によるボディケアシャンプー
浴槽をお持ちしますので3畳程スペースを確保させて頂きます。
身支度
末期の水 お化粧(自然体)を施し、身支度をします。
通常は白装束をお着せしますがご要望があればお洋服をお着せする事もできます。
ご納棺
末期の水 納棺師の進行によりご納棺します。
ご家族皆様のお手でお棺にお移しします。
持たせたいご愛用の品をご用意下さい。
湯灌のよくある質問

Q 湯灌を行うのにどのくらい時間はかかるの?
A 準備や片付け、ご納棺を含めて1時間半程度のお時間を頂きます。


Q 故人の肌を見られるのはちょっと…。
A 最初から、最後まで大きなバスタオルをかけたままの状態なのでお肌をお見せることはありません。


Q 何か用意するものはありますか?
A タオル、石鹸、シャンプー等すべてこちらで用意しますので、何も用意していただく必要はありません。


Q 見ているだけでいいのですか?
A 皆様の手をわずらわせることなく執り行うことができます。
また、「自分も何か手伝いたい」「髪の毛を洗ってあげたい」等、ご遺族の意向がある場合はできる限り配慮いたしますので、遠慮なくスタッフに申しつけ下さい。


Q 体に傷があるのですが…。
A 傷の部分は綿花、傷パット等により処置しますのでご安心下さい。
傷ができるだけ目立たない様にきれいに仕上げる努力をしており ますのでお気づきの点は遠慮なく納棺士へお尋ねください。


Q 最後の着替えはどうしたらいいの?
A 白いお着物(特上本仕立て仏衣)をこちらでご用意いたします。
また、生前愛用のお洋服、お着物をご用意いただいても結構です。

ご利用者の声
ご利用者1 納棺の前に丁寧に湯灌をして下さり、とても有り難く思いました。
故人の事を考えたとき、本人に代わり、お礼を言いたいくらいです。とても感動しました。
ご利用者2 入院中からお風呂に入りたがっていたから、やっとお風呂に入れて喜んでるわ!
さっぱりして、とても気持ちよさそうだった。
ご利用者3 きれいにお化粧してもらったら、若返りました。お化粧で顔の傷も目立たなくなってホッとしました。
亡くなった母も私も大変満足です。
ご利用者4 湯灌をしてもらっている間は、本当に寝ているみたいに気持ちよさそうで良かったです。
穏やかな顔になりました。本当にありがとうございました。

大切な人だから オンリーワンのお葬式

0120-716-834 24時間365日お電話承ります

ご葬儀の相談・資料請求はこちら