葬儀知識(マナー)

御葬儀に参列される場合のマナー

お香典のマナー
>お香典の表書きについて
>お香典の金額について
>お香典の新札について
>諸事情があり葬儀に参加できない場合の香典について

参列時のマナー
>通夜・葬儀の参列について
>告別式に参列する場合について
>葬儀に着用する服装について
>ご拾骨について
>お焼香の回数について
>返礼品でよくタオルをもらう意味について

お香典の表書きについて

仏教での葬儀の場合は 御霊前若しくは御佛前になります。
線引きも難しいのですが、基本的に49日前は「御霊前(ごれいぜん)」49日後は「御佛前(ごぶつぜん)」とされています。
宗派や地域によっては49日前でも御仏前を使用することもありますが、事前に家族へ宗派は何?と聞くわけにもいきませんので、基本は上記のようにしていただくのがよろしいかと思います。
宗旨別にも以下に表記しますので参考にご利用下さい。 お香典の表書き

仏教 御霊前
浄土真宗 御佛前
キリスト教 お花料・御霊前
※プロテスタントは基本御花料になります。
神道 玉串料・御榊料

お香典の金額について

お香典の金額は親族間でも相場がわかりにくいところであり、 多く包んでも少なすぎてもという考えで悩まれる方が多数いらっしゃいます。
そこでおおまかではございますが、大体のご相場を表記してみました。

ご家族 50,000円~100,000円
ご親族 10,000円・20,000円・30,000円
ご友人 3,000円・5,000円・10,000円
ご近所 3,000円・5,000円・10,000円
会 社 3,000円・5,000円・10,000円・20,000円・30,000円

お香典の新札について

新札とくしゃくしゃのお札 原則的に新札をご葬儀事で使用するのは昔よりタブー視されております。
新札しかない場合はお札を一度折ってから封筒に入れましょう。
古札を使用する際もくしゃくしゃのお札はよくありません。

諸事情があり葬儀に参列できない場合の香典について

通夜・葬儀に際して参列できない場合については、まずご弔電を送ります。
それと同時に現金書留でお香典を式前に届くようにご手配し、後日ご自宅にお伺いするように致しましょう。
尚、現金書留でお送りする際にはお悔やみ状(直筆のお手紙)を一緒にお送りするとより丁寧です。

通夜・葬儀の参列について

よく通夜・葬儀どちらに参列したほうが良いかを尋ねられますが、故人との親交の度合いでも決まります。
親しくされていたのであれば通夜と葬儀に出席することが望ましいと思います。
しかし、なかなか時間の調整も難しいこともありますので、どちらかと言えばお通夜に参列するほうが良いかと思います。
葬儀の日は亡くなられた方との最後のお別れがあることから、通常の精神状態でお話をすることも大変な心労に繋がりますので、 どうしてもお伝えしたいことがある場合や故人のお顔のご拝顔などはお通夜が望ましいと言えるでしょう。

告別式に参列する場合について

お焼香後、すぐに帰られる方もいますが、お時間に少しでも余裕のある場合はご出棺までのお見送りが理想です。
お別れ時のお花入れや遺族代表のご挨拶、そして御棺が式場を後にするご出棺まで。
ご出棺をするときは黙礼、合掌にてお見送りを行います。

葬儀に着用する服装について

礼服 現在では正式喪服ではなく、略式礼服となっています。
男性は黒のスーツに白のワイシャツ、黒のネクタイと黒の靴下と、装飾の無い黒皮靴です。
和装なら黒っぽい無地の小紋の着物又はツーピース。
和装なら、黒無地か地味な無地のものに致します。
女性の方は和装をされるとしばらく自由な動きが取れなくなることもある上に長時間の和装によりお式中に体調を悪くされる方も少なくありませんので、 時間の直前にお着替えを行いご準備いただくことをお勧めいたします。
お子様の場合、学生の方の場合は制服で参列するのが基本です。
制服が無い場合はブレザーと白シャツに無地の黒、紺、グレーのズボンやスカートなど。

また、通夜の儀に先立ち、枕経・ご納棺時から礼服の準備をしたほうが良いと言われてきましたが枕経・ご納棺時は平服で問題ありません。

拾骨について

拾骨は二人一組になって行います。
お互いが箸を取り、一つのお骨を二人で骨壷へ納めますがこれを「箸渡し」と言います。
「箸」と「橋」の音が共通してることからこの世からあの世へ渡してあげるという意味を含んだことです。

お焼香の回数について

お焼香の回数は、宗派によって違いがあります。
参列したご家族の宗旨に合わせることも難しいため、ご自身が信仰されている宗旨でのお焼香でよろしいかと思います。
しかし、大勢の方が集まられている葬儀ではお気持ちをしっかりと込めていただき、1回のご焼香で済ませることも大事なことです。
ここでは宗派別に表記しますので参考にされてください。

天台宗 1回又は3回…作法は特に決まりがありません
真言宗 3回…額にいただきながら行います
浄土宗 1回~3回…特に決まりがありません
臨済宗 1回…額にいただきながら行います
曹洞宗 2回…1度目は額にいただき、2度目はいただかずにお焼香
日蓮宗 1回又は3回…作法は特に決まりがありません
浄土真宗(西) 1回…額にいただかずにすぐお焼香
浄土真宗(東) 2回…額にいただかずにすぐお焼香
日蓮正宗 3回…額にいただきながら行います
時 宗 3回…特に決まりがありません

返礼品でよくタオルをもらう意味について

タオル 最近の葬儀では当日にお返しをする方法が多くなってきました。
それによって会葬返礼品はハンドタオルやミニタオルなど繊維物が多く出回っています。
昔は必ず自宅前でお清め台があり、そこで手を洗い塩を肩から足まで掛けて自宅内に入りました。
その為に、その時個々お使いになれるようハンドタオルが普及されたといわれています。

大切な人だから オンリーワンのお葬式

0120-716-834 24時間365日お電話承ります

ご葬儀の相談・資料請求はこちら