葬儀知識(マナー)

喪中はがき・年賀状等のマナー

喪中はがき・年賀状
>喪中のはがきを出す相手について
>喪中のはがきを出す時期について
>喪中はがきを作成する時のマナー
>喪中に年賀状をもらった場合について
>喪中と知らずに年賀状を出してしまった場合について


喪中のはがきを出す相手について

基本的には故人との関係で、親交のあった人に出します。
故人との付き合いのほとんどなかった人に出す必要はありません。
もちろん、こちらの気持ちの問題でもあるので、毎年年賀状をやりとりしている方すべてに出しても差し支えありません。
妻の親が不幸の場合、夫のビジネス上の付き合いなどに出す必要はありません。

喪中のはがきを出す時期について

喪中のはがきは、先方が年賀状の準備にとりかかる前に出さなければいけませんから、 11月中旬から遅くとも12月の中旬には届くようにします。

喪中はがきを作成する時のマナー

はがきは郵便局で購入できる普通のはがきでも、市販のハガキ専用紙でもかまいませんが、 くれぐれも年賀はがきを使用しないように注意しましょう。
最近は、喪中用の郵便枠が灰色の専用はがきも売られています。
用紙の色は淡い色ならカラーでも大丈夫です。
喪中はがきはシンプルにするのが大原則ですが、カラーが駄目という訳ではありません。
最近では紫系やブルー系の花の挿絵などが入っているものもありますし、 明るい色もポイントとして入れることもタブーではなくなりました。
故人の愛用品や、思い出の場所などの写真を入れても良いでしょう。
ただし、故人の顔が写っている写真については、受け取った側が気を遣ってしまいますのでやめたほうが無難です。
切手は、普通の物でも大丈夫ですが、弔事用の切手も売っています。
パソコンで作る場合のフォントは、「行書体」もしくは「明朝体が一般的ですが、装飾されていないゴシック系のフォントであればさほど失礼にはあたりません。

喪中に年賀状をもらった場合について

服喪中とはいえ、返事をしないのは失礼にあたります。
出来るだけさらりとした礼状(寒中見舞い)を1月16日以降に出すと良いでしょう。

例文)
「お年始のあいさつ状をいただきましてありがとうございます。 昨秋に父を亡くしまして、年始のごあいさつは欠礼させていただきました。 その旨お知らせいたしませんで申し訳ございません。
末筆ながら、お幸せな年を過ごされますようお祈り申し上げます。」

喪中と知らずに年賀状を出してしまった場合

相手との関係にもよりますが、お詫びとお悔やみの気持ちを伝えるはがきを出した方が良いでしょう。
また松の内を過ぎてから(1月16日以降)、寒中見舞いの形で出しても良いでしょう。

例文)
「ご服喪中とは知らず賀状を差し上げてしまいました。誠に申し訳ございません。 なにとぞお許しください。皆様にはさぞかしご心痛のこととお察し申し上げます。 なお、本年もご交誼のほどお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。」

例文・寒中見舞い)
ご喪中とは知らずに年始状を差し上げてしまいました。誠に申し訳ございません。 皆様、さぞおこころおとしのこととお察し申し上げます。 寒さひとしお厳しき折、ご自愛ください。」

大切な人だから オンリーワンのお葬式

0120-716-834 24時間365日お電話承ります

ご葬儀の相談・資料請求はこちら