メモリアルジュエリー

これからもずっと一緒にいたいから…
メモリアルジュエリーの製作者の想い

我が子の死、夫の死、妻の死、家族の死、身近な人の死。大切な家族との死別の悲しみ…。
愛する人を亡くし、深い悲しみの中にいる時に、銀花の遺骨入れや遺骨入れペンダント・遺骨入れリングが少しでも支えとなり、辛い気持ちに寄り添う事ができたら…と思っています。
身につける事で心強く前向きになれるジュエリー、お守りのような宝物みたいなジュエリーを創りたいと思い、「メモリアル・ペンダント」「グリーフケア・ジュエリー」がうまれました。
「遺骨入れ」、「形見箱」は小さな骨壺として、少しだけでもご遺骨を手元に残したい方のために創りました。
綺麗な入れ物に納めて身近に置くことができます。
ひとつひとつデザインを考え、納得のいくものをお届けできるように丁寧に制作しています。
お客様の声を聞きながら、様々なご希望に添える形を表現し、あたたかな温もりをお届けできたらいいなと思っています。
これからも一緒にいられる安心感が、悲しい経験をされた方々のグリーフケアのひとつになればと願っております。



メモリアルペンダント メモリアルリング
制作方法
■密封タイプ
ジュエリー内部の空間に御遺骨を納めてフタを
して、合わせ目を口一付け密封します。
イメージ1
密封タイプ
内部にはこのような空間があります。
■樹脂タイプ
ジュエリー内部の空間に御遺骨を納めて、樹脂を流し、埋封します。
イメージ2
樹脂タイプ
内部のくぼみに遺骨を納めて樹脂を流します。
密封タイプは中が見えないので、納める時に写真を撮ってお渡しします。
※ロー付けとは、金属と金属を溶接することです。 融点の低い金属(金ロウなど)を溶かして接着します。

大切な人だから オンリーワンのお葬式

0120-716-834 24時間365日お電話承ります

ご葬儀の相談・資料請求はこちら